ABAの効果を知った児童発達支援を受ける発達障害の子供の変化

自分の子供が発達障害ということもあり、同じ悩みを抱える子供に出会う機会が多くあります。

児童発達支援を受けていてABAにも取り組んでいることから、発達障害を人並み以上には理解しているつもりです。ただ、やはり理解できないことも少なくなく、なぜこのような障害を抱えてしまったのかと悩むこともありました。

しかし今では発達障害を客観的に捉えたり、上手く付き合っていける障害なのだと分かりました。切っ掛けになったのはABAに取り組む子供の変化で、以前は問題ばかり起こしていましたが、すっかり普通の子供と溶け込んで過ごすことができるようになったのが大きいです。

この変化は親にとって驚きでしたが、どうやら本人にとっても決して小さくない変化だったようです。それに気がついたのは表情の変化で、これまでは問題行動を起こした子供に辛い表情が見えることがありましたが、現在はそういう表情に感じることがなくなりました。

これも児童発達支援とABAのおかげで、親子共々本当に救われました。他の発達障害の子供を観察しても、ABAに取り組む前と後ではかなり印象が違います。

流石に別人とまでは言いませんが、少なくとも一見して普通の子供と見分けがつかないのは確かです。

正直なところ、最初はABAの説明を受けても半信半疑でしたが、実際に取り組み変化を感じたことで効果を確信しました。効果は人によるでしょうが、少しでも発達障害と付き合いやすくなる可能性があるなら、積極的に取り組んでみるべきだと強く思います。
てらぴぁぽけっと三郷駅前教室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。